スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中絶率 佐賀県が最高 08年度調査 熊本、福岡も高水準(西日本新聞)

 佐賀県の2008年度の人工妊娠中絶率が、女性人口千人当たり13・4件に上り、1996年度以来12年ぶりに全国最高となったことが、厚生労働省の調査で分かった。中絶率は前年度比0・3ポイント下がり、届け出件数も前年度比100件減の2339件と、ともに過去20年では最低となったものの、全国的な減少傾向に追いつかない県内の状況が浮かび上がり、県は対応に苦慮している。

 同県内の中絶率は93年度以降、全国1-3位と高い水準が続く。08年度の全国平均は前年度比0・5ポイント低下し8・8件だった。佐賀に次いで高水準だったのは熊本、鳥取の13・2件、福岡12・3件、福島12・2件など。

 県内の年齢層別届け出件数をみると20-24歳の528件が最多。25-29歳の514件、30-34歳の496件と続き、20歳未満も229件だった。

 調査は、母体保護法に基づき医師に都道府県への届け出が義務付けられた妊娠22週未満の中絶件数を集計。詳細な理由や女性の居住地などの報告はなく、県母子保健福祉課は「背景や原因の分析に努めているが現状は厳しい。若年層への啓発を中心に関係機関と連携し、正しい性知識を伝えていくことで中絶率低下につなげたい」としている。

=2010/01/27付 西日本新聞朝刊=

普天間移設「あらゆる可能性」=鳩山首相(時事通信)
臨時接種の新類型創設へ―インフル対策で予防接種部会(医療介護CBニュース)
土地購入 小沢氏の立件視野 東京地検 虚偽記載認識か(産経新聞)
消費税率10%超に=自民・谷垣氏(時事通信)
爪切りで有罪判決、「傷害事件ではない」―看護管理学会が意見書(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

埼玉不審死 殺人容疑で来週にも再逮捕 一連の疑惑、全容解明へ(産経新聞)

 結婚詐欺容疑で逮捕されている木島佳苗容疑者(35)=東京都豊島区=の周辺で知人男性が相次いで不審死している事件で、埼玉県警は27日、不審死した1人の東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん=当時(41)=を木島容疑者が殺害した疑いが強まったとして、来週にも殺人容疑で木島容疑者を再逮捕する方針を固めた。木島容疑者は任意の事情聴取で、大出さんの死亡への関与を否定していたが、県警は状況証拠から殺人容疑での立件は可能だと判断したとみられる。

 木島容疑者が現在、逮捕・勾留(こうりゅう)されている容疑は、平成21年7月、うその結婚話を持ちかけて大出さんから現金4百数十万円をだまし取った疑い。木島容疑者がこの事件で起訴された後、捜査を本格化させる。

 大出さんは8月、埼玉県富士見市の月極駐車場に駐車中のレンタカー内で遺体で発見された。車内には、練炭の燃えかすや七輪があったが、車のカギがないなどの不審な点があり、県警が捜査を進めていた。

 捜査関係者によると、捜査の過程で大出さんとインターネットの結婚紹介サイトで知り合い、大出さんから多額の現金を受け取っていた木島容疑者が浮上。大出さんの遺体から、木島容疑者が処方されていたものと同じ睡眠導入剤が検出されたほか、木島容疑者がインターネットで大量の練炭を購入するなど、大出さん死亡への関与を疑わせる点が浮上。その後の捜査で、木島容疑者宅から押収した練炭と大出さんの遺体が見つかったレンタカー内にあった練炭の成分が一致するなど、大出さん殺害への関与が強まっていた。

 木島容疑者は最初の逮捕前の9月、県警の任意の事情聴取に、大出さんと駐車場で一緒にいたことは認めたが、大出さん死亡については、「けんか別れしたので、自殺したのではないか」などと話し、関与を全面否認していた。木島容疑者は逮捕後、逮捕容疑の調べでほぼ黙秘をしているという。

 木島容疑者は詐欺などの疑いでこれまでに6回逮捕されている。木島容疑者周辺では大出さん以外にも千葉県などで不審死した男性がおり、警察当局は一連の疑惑の全容解明を進める。

【関連記事】
結婚詐欺・連続不審死 木島容疑者を送検 カーディガンかぶり表情うかがえず
木島被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円
本当にうまい?結婚詐欺女“魔性のレシピ”
死亡直後に新恋人 ネットで知り合う 連続不審死
「友達の家に来た」詐欺の女か 遺体発見前夜タクシー乗る

新学期の首都圏 電車内で痴漢など39人を摘発 1都3合同摘発チーム120人投入   (産経新聞)
20代でも7割ニコチン依存=禁煙治療の保険適用1割-喫煙者調査(時事通信)
橋下知事、帰国第一声は「大阪“市”を解体」(産経新聞)
酒の安売り・飲み放題はダメ…WHOが指針案(読売新聞)
財政健全化目標めぐる検討開始-政府(医療介護CBニュース)

つかこうへいさんが肺がん公表(時事通信)

 劇作家のつかこうへいさん(61)は25日、肺がんを患ってることを公表した。所属事務所によると、現在、病院で抗がん剤による治療を受けているという。
 つかさんは、東京都中央区の新橋演舞場で2月3日から始まる舞台「飛龍伝」の演出を手掛けており、公演は予定通り行われる。 

【関連ニュース】
井上ひさしさんが肺がん
抗がん剤で肝不全、脳症の疑い=使用上の注意改訂を指示
中外製薬の主力抗がん剤アバスチン、肺がんへの追加適応を承認取得
エーザイと提携して抗がん剤開発=米クインタイルズ〔BW〕
小野薬品、2医薬品の製造販売承認を取得=抗がん剤による嘔吐予防と糖尿病治療薬

降圧剤を誤投与、80歳代患者死亡…愛媛(読売新聞)
雑記帳 店丸ごと“エコ” セブン-イレブンが最先端店舗(毎日新聞)
造船工場で労災事故、1人死亡…昨年1月にも(読売新聞)
TV報道「関係者」表現、総務相の批判に波紋(読売新聞)
<火災>住宅2棟全焼 焼け跡から2遺体発見 横浜市瀬谷区(毎日新聞)

2次補正採決、自・共「反対」公・み「賛成」(読売新聞)

 25日に衆院を通過した2009年度第2次補正予算案を巡って、自民、共産両党が反対したのに対し、公明党とみんなの党は賛成に回り、対応が分かれた。

 民主党は、自民、公明両党の分断を図り、国会運営での主導権を握りたい考えだ。

 2次補正予算案に対しては、自民党が麻生政権時代の1次補正予算の一部を執行停止したことが経済に悪影響を与え、「経済効果の即効性に乏しい」(谷川弥一氏)として、反対した。

 一方、公明党は「内容は必ずしも十分ではない。小さすぎて遅すぎる。しかし、やらないよりベターで、実行するなら早いほうがよい」(大口善徳氏)として賛成に回った。背景には、昨年秋の臨時国会で、中小企業金融円滑化法案の採決に退席したことに対し、支持者から批判が相次ぎ、景気対策には、反対しにくい事情があった。

 民主党は「公明党の協力が得られれば、国会運営でも自民党を孤立させられる」と見て、10年度予算案の成立や審議促進についても、協力の可能性を探る考えだ。ただ、公明党内には「景気対策が主の補正予算案と内閣の政治姿勢を示す本予算は別。本予算に賛成すれば、閣外協力になる」(党幹部)として、否定的な考えが大勢だ。

虚偽記載「全く把握してない」=小沢氏、説明文書を配布(時事通信)
国民新党の下地氏、民主の検察リーク調査に「参加しない」(産経新聞)
大学入試センターの追試験は972人に(産経新聞)
首相動静(1月21日)(時事通信)
ブルジュ・ハリファ 124階は浮遊感…雲に手届きそう(毎日新聞)
プロフィール

みやしろただお

Author:みやしろただお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。